本文へジャンプ

自治体コモンズとは

広がる民泊の課題

2018/4/16

訪日外国人旅行者は、ここ数年各段に増加し、この傾向は2019年ラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、今後ますます 顕著になってくるものと思われます。増加する訪日外国人旅行者の長期滞在を可能にするためには、既存のホテル、民宿、旅館等だけでは限界があるという予測もあり ます。加えて、日本を訪れる外国人旅行者の興味関心や嗜好は多様化しており、日本全国万遍なく訪れるという傾向が強まっているようです。
こうした背景のもとで、住宅宿泊事業法(平成29年法律第65号)が制定され、民泊サービス事業を行う基本的ルールが規定されました。一方で、騒ぎを起こして近隣住 民へ迷惑をかけたり、ゴミの不法投棄やたばこの不始末でボヤを出すといった、住民とのトラブルが散見されるなど、様々な問題点が顕在化しています。
今回は、旅館業法の規制緩和の一環として制定された住宅宿泊事業法を受けて、広がりをみせる民泊の法的問題点と自治体における対応の有り方などを気軽に議論して みましょう。

今月のまとめ

2018/6/13

2018年6月15日に「住宅民泊事業法」(民泊新法)が施行されます。最大手仲介サイトの掲載物件数はピーク時より4万件近くも減ったというニュースも流れたようで す。条例でより厳しい民泊規制を行う自治体もある一方、地域によっては規制緩和に向けた動きもみられます。外国人観光客の増加と2019年のラグビーワールドカップ や2020年の東京オリンピックを控え、今後の動向が注目されます。
次回テーマは、「債権管理条例」です。

自治実務セミナー

自治体コモンズ職員のためのコミュニティサイト

掲示板への書き込みにはログインが必要です

はじめての方はこちら

【ご注意ください!!】

第一法規ストアから会員登録したID、パスワードでログインした場合、投稿者名にお名前(本名)が表示されます。“ニックネーム”の設定を希望される方は、j-commons@daiichihoki.comまでお問い合わせ願います。

条例等の議案作成で採用している改正方式は?

過去のコモンズ
住民訴訟制度
(最終更新:2018/03/20 21:15:34)
情報公開制度と個人情報保護制度
(最終更新:2017/11/14 16:58:01)
法制執務の功罪
(最終更新:2017/10/04 15:56:05)
議会のしくみ
(最終更新:2017/07/30 20:30:02)
監査委員の役割
(最終更新:2017/05/09 23:14:37)
実効性確保の手法
(最終更新:2017/03/03 11:09:34)
規制条例の内容と活用
(最終更新:2016/12/22 12:54:07)
自治体債権の課題 
(最終更新:2018/04/23 09:31:50)
長の「専決処分」を学ぼう 
(最終更新:2016/08/17 20:49:43)
地方公務員制度(勤務条件・人事評価等)について
(最終更新:2016/07/07 19:19:45)
地方公務員制度(勤務条件・人事評価等)について
(最終更新:)
自治体相互の「連携・協力」を学ぼう 
(最終更新:2016/04/11 00:04:25)
マイナンバー法が施行!―自治体が直面する運用上の課題―
(最終更新:2016/02/12 15:03:10)
懲戒処分の実務とは?-住民の信頼を得るために-
(最終更新:2015/12/28 10:29:16)
新行審法の施行が迫る!事務の準備は進んでますか? 
(最終更新:2015/12/01 15:33:31)
マイナンバー法による条例整備 
(最終更新:2015/12/16 11:11:18)
行政処分と行政指導の違いとは?!
(最終更新:2015/08/20 22:40:44)
附属機関の役割と問題点
(最終更新:2015/07/25 23:56:28)
「行政手続法・行政手続条例」
(最終更新:2015/06/25 20:30:06)
「財産(公有財産)管理」
(最終更新:2015/04/27 16:36:00)
「空家等対策の推進に関する特別措置法」への対応
(最終更新:2015/02/12 21:49:13)
(新)行政不服審査法
(最終更新:2014/11/04 18:48:10)
指定管理者制度
(最終更新:2014/10/04 05:09:40)
執行機関とその権限
(最終更新:2014/07/31 13:40:01)

ページの先頭へ戻る